大河原雄剛、大枠で生きる

銀座の不動産投資コンサルティング会社「Liferally」社長、大河原雄剛の人生日記

前回のブログで2017年に続き、2018年は仮想通貨が熱い!という話をしましたが、このへんの話を備忘録的にもう少し。

個人的には、私自身は仮想通貨には手を出しません。仮想通貨をやるには“時間が惜しい”からです。割と最近アップル創業者のスティーヴ・ウォズニャックが「人生の幸福を阻害」するという理由で全ての仮想通貨を手放したとニュースになりましたね。「チャートを眺め、数字を気にしているような人間の一人になりたくなかった」と。そう、仮想通貨の振れ幅はジェットコースターのようで、ウォズニャックのような穏やかな性質の人には向かないでしょう。私も、常に値動きする仮想通貨のためにスマホやPCの画面をいつも見ていたくないですし、そんな暇もありません。

ただし、「仮想通貨マイニング」であればやってもいいな、と思います。ご存知の方も多いと思うので釈迦に説法になりますが、カンタンに言うとマイニングとは「仮想通貨運用のお手伝いをし、その報酬として仮想通貨をもらうこと」です。

私はこのマイニングに参戦するのは意義深いと思います。なぜならこれからの新時代の技術、ブロックチェーンを理解できるから。今の世界の時価総額TOP4の企業は上からアップル、アルファベット(Google)、マイクロソフト、アマゾン。全てインターネット/PC系ですし、インターネットが世の中に出てきたときにいち早く登場していた企業ですよね。日本のプロ野球オーナー会社だって新規参入企業はソフトバンク、楽天、DeNAと全てインターネット企業。次世代の主役になる企業は、インターネット以来の革新的技術であるブロックチェーンを使った企業である可能性は大きいでしょう。

投機的な仮想通貨に投資するのではなく、仮想通貨を通じて「ブロックチェーンを知ることに投資する」のであれば、すごく堅実で意義のある未来への投資になるかもしれません。

しかし本格的にやろうと思ったらハイスペックなPC数十台が必要です。そして当然数十台ものパソコンを稼動させると発熱がスゴイので、冷却設備も必要です。電気代もバカになりません。そのため、仮想通貨が“エコでない”ことも話題になりましたね。なんでも仮想通貨を運営するために一小国家並みの電気を使うとか・・・。

資本力がないと太刀打ちできないので、マイニングをする個人はいまやほとんどおらず、企業がマイニング事業として取り組んでいることがほとんどです。

いやはや、このカオスで未整備な状況も含めて、ブルーオーシャンで魅力的なんでしょうね。

年明けからなんだか忙しく、ブログを怠けていました。もう2月なので新年の挨拶や抱負、というわけにもいかないので、早速ですが投資業界の話を少し。
2017年のビジネスを見渡すと、「テクノロジーの進化・汎用化と既存業界への実用」がキーワードだったかと思います。ブロックチェーンによる仮想通貨やAIを活用したチャットボット、マッチングサービス、マーケティングツールなどが代表例ですかね。
2018年はますますその熱が高まりそうです。
注目はやはり仮想通貨でしょう。年明け早々にコインチェックがハッキングされる事件もありましたが、こういう事件を通してセキュリティは整備されるものですし、仮想通貨はより強固になるのではないかと見ています。ICOによる投資も整備され、ICOコンサルやファンドも増えるでしょうし、利用するエンジェル投資家も増えるのでしょうね。

他にもいよいよ2年後に控えた東京オリンピックに向けたインバウンド関連も熱そうですし、AIやロボティクスの実用サービスを提供するスタートアップ企業への投資も注目です。投資という観点で見ると、2018年の世界にはいろんなチャンスがもの凄いスピードと量で流れています。

とはいえ、何をするにしても見失ってはいけないのが「なんのために投資をするのか?お金を稼ぐのか?」ということですね。私は一貫してクオリティ・オブ・ライフを一番大事にしたいと思っています。お金は目的ではなく、あくまで幸せな人生を送るための手段。そのために、効率的でありながらも健康的にお金を稼げる投資が性に合っていますし、不動産投資はやはりその幹となる手段です。以前の記事に書いた大枠メソッドも、人生の目的を達成するためのアプローチですからね。

皆さまは、なんのためにお金を稼ぎますか?迷ったときは、ライフラリにぜひ相談を。私たちは、不動産投資のコンサルティング会社ですが、それは人生のコンサルティングでもあるのです。

Liferallyのホームページはこちら

http://www.liferally.co.jp/

さて、いよいよ年の暮れということで、そろそろ今年の総括を…。

今年は投資とか、お金の増やし方とかについては“それなり”という感じです。まぁ想定できる成長曲線の範囲での到達点でしたね。

それよりも、今年は学びましたよ、自分のダメさ加減を。まず何がわかったかと言うと、人の心の機微がわかり、人の心を動かすことの大切さです。いわば“人間力”というヤツですね。この年になって、私はホントに人間力が足りないと痛感しました。

いろんな人から教えられましたが、特に弊社のマネージャーの女性から学んだことは多いです。今年は営業に関しては副社長に、人材のケアや育成についてはマネージャーに頼りきりでしたが、この“人のケア”が私は本当に不得手でして(汗)。マネージャーの人の気持ちをわかる力には感心しっ放しでした。彼女を通じて「言葉にしなくても通じる」ということがあるということもわかってきましたし、ひとつのことを伝えるにも、伝える相手によっていろいろな表現と手段を駆使すべきことも今ではわかります。

え?41歳にして気付くのが遅い?

確かに誰かから「え?今そんな感じなの?」と揶揄もされましたが、遅くても今気付いてよかったですよ。ここからまた自分をバージョンアップできるんですから。

皆さまはどんな一年でしたか?悲喜交々あったと思いますが、いいことを反芻し、悪いことは記憶の彼方に追いやり、素敵な年末をお過ごしください。

このページのトップヘ